RA-6010-HPL

HPL (R) Processing System

【概 要】

ヘッドフォンやイヤホンでもスピーカーと同じミックスバランスを高音質で実現するHPL (R)(Head Phone Listening)技術(*)を使い、2ch〜22.2chまでのサラウンドミックスをヘッドフォンリスニング用に最適化するバイノーラルプロセッサーです。

若い世代を中心に番組や音楽はスマートホンによりヘッドフォンまたはイヤホンで受聴することが多く、ヘッドフォンやイヤホンに最適化した音作りが求められています。本プロセッサーの使用により、既存2ch音声で3Dサラウンドの番組や音楽をリスナーに届けることが可能です。

(*) HPL (R)は株式会社アコースティックフィールドの登録商標です。

【用 途】

●ヘッドフォン受聴を主とする番組、音楽制作

●音楽やスポーツのヘッドフォンサラウンド中継および配信

●2ミックスやサラウンドミックスのヘッドフォンモニタリング  など

【機 能】

■対応chプリセット

2ch,  5.1ch,  7.1ch,  9.1ch,  11.1ch,  13.1ch,  22.2ch

これらのサラウンドミックスをヘッドフォンリスニング用の2chにリアルタイム変換。(*1)

(*1) サンプリング周波数が44.1/48.0kHzのとき。96kHz/192kHzの場合、チャンネル数が制限される場合があります。

【スペック】

MADI入力 Coax×1、(AES10準拠)
MADI出力 Coax×1、(AES10準拠)
WORD CLOCK I/O Coax×1、WORD CLOCK入出力および75Ω終端On/Offは設定により切り替え
AES/EBU D-sub 25pin×2、TASCAM仕様
MAIN OUTPUT XLR-3×2、最大+20dBu固定
PHONES OUT Stereo Phone Jack、音響はデジタル制御
LAN port RJ-45×2、WEBサーバーにアクセスして、本機の遠隔操作が可能
SFP port (将来の拡張用)

【お問い合わせ】

お問い合わせは、 info@resonetz.com までお願い致します。